078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

債務整理/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 債務整理 > 債務整理

債務整理

借金が増えすぎてしまった時の対処方法として、「債務整理」を行うことが考えられます。

債務整理とは、借金の減額・重い利息負担からの解放を目的に、個人が抱える債務(=借金)を整理することをいいます。債務整理は借金を抱える全ての人に有効な手段となるので、借金問題でお困りなら債務整理を検討しましょう。

債務整理の方法には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類があります。以下で簡単にご紹介します。


●「任意整理」
任意整理は、借入先の消費者金融(債権者)などと交渉して、返済方法を決め直す方法です。

任意整理を行うと、債権者との合意後の利息を全てカットしてもらえることが多いため、支払額を減らしてもらえます。また、手続きも簡単で、交渉に応じて柔軟な解決を図ることができるので、誰でも利用しやすい債務整理方法です。


●「特定調停」
特定調停とは、裁判所の関与の下、債権者と交渉を行い、返済方法を決め直す方法です。

任意整理と基本的に同じような手続きですが、裁判所が関与する点で異なります。裁判所が関与することによって、債権者との話し合いがまとまりやすくなり、弁護士費用も必要ないため費用を最小限に抑えられるメリットがあります。もっとも、その分、自分で手続きを進めていかなければならないため、手間と時間が掛かるというデメリットがあります。


●「個人再生」
個人再生とは、裁判所に申立て、返済額を大幅に減額してもらう方法です。

任意整理や特定調停とは異なり、個人再生は裁判所の認可があると、元本を大幅に減額してもらえます。そして、原則3年間で完済できるような返済計画を立て、それをもとに返済していきます。また、利用できる人は限られていますが、「住宅資金特別条項」付きの再生計画が認可されると、住宅ローンの支払が楽になり、自宅を売却しなくて済みます。

個人再生を行うための条件には、「将来的に継続、反復的な収入があること」「借金の総額が5,000万円以下であること」などがあります。また、費用も高いので、個人再生の手続きを利用できる方は限られているといってよいでしょう。


●「自己破産」
自己破産とは、裁判所に申立てを行い、借金の支払義務を免除してもらう方法です。

債務整理と聞くと自己破産を思いつく方が多いほど、有名な手続きです。借金額がゼロになるという強力な効果がありますが、家や車などは基本的に売り払われ、また一部の職に就けなくなるなどの様々なデメリットがあります。


いずれの方法も一長一短であり、どのような方法で債務整理をしたらよいかはケースバイケースです。借入額や収入などの様々な事情によって採るべき手段も異なるので、まずは法律専門家に相談しましょう。借金額が少額であるほど選択できる手段の数が多いので、手遅れになる前に早い段階でお越しになることをおすすめします。


司法書士岡田事務所は、債務整理に関するご相談も承っています。

当事務所は、神戸市を中心に地域の皆様と共に歩み、お客様に満足して頂けるようなリーガル・サービスを提供しています。神戸市や西宮市、芦屋市内の、借金・過払い金でお困りの場合は、司法書士岡田事務所にお任せ下さい。

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 自己破産とは

    自己破産とは、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活の再生の機会を確保する債務整理の手段をいいます。自己破産は...

  • 任意整理とは

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との間での話し合いにより行われるものをいいます。任意整理は、民事...

  • 会社設立・法人設立

    司法書士岡田事務所は、会社設立・法人設立に関するご相談にも対応しています。一口に会社・法人を設立するといっても、法律に規...

  • 債務整理

    借金が増えすぎてしまった時の対処方法として、「債務整理」を行うことが考えられます。債務整理とは、借金の減額・重い利息負担...

  • 会社設立後に必要な届出

    会社の設立は、設立の登記をすれば終わりというわけではありません。その後にもいくつかの届け出をする必要があります。&nbs...

  • 不動産登記(売買)

    不動産の売買契約から登記の完了に至るまでの流れは、以下の通りです。●対象となる不動産をよく調査する不動産を購入する際は、...

  • 相続登記に必要な書類

    まず、「相続登記」とは、厳密には、相続によって生じた所有権(ないし持分)移転登記のことを指します。 以下では、...

  • 不動産を売却した時の登記

    不動産売買をした場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。 この所有権移転登記をし...

  • 不動産登記申請書の作成

    不動産登記申請書には以下の事項を記載する必要があります。 ・「登記の目的」→いかなる登記を申請しているのか明示...

  • 民事再生(個人再生)とは

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ