078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

西宮市の不動産登記は経験豊富な専門家へご相談ください/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 不動産登記(相続) > 西宮市の不動産登記は経験豊富な専門家へご相談ください

西宮市の不動産登記は経験豊富な専門家へご相談ください

2019年7月1日に施行された相続法改正により相続登記に関しての制度が一部変更になりました。
これにより相続登記がより、必要性が高まることとなりました。
今回は改正内容と相続登記の重要性について確認をしていきたいと思います。

 

【相続登記の重要性について】
相続法改正によって変わった点とは、対抗要件になります。
対抗要件とは不動産用語で第三者に対しての権利の主張のことをさします。
従来の制度であれば、遺言書は対抗要件になり得ました。

 

しかし今回の改正によって、遺言書・遺産分割協議・法定相続、どの方法をとっても相続登記をしなければ法定相続分を超えた財産は対抗要件にはならないという風に変更になりました。
つまり、相続人が法定相続を超えた遺産を相続した際、相続登記をしていないとその不動産は差し押さえの対象になってしまう、ということです。
今回の相続法改正は配偶者居住権や自筆証書関連の制度が目立っていて、相続登記の変更点についてはあまり言及されていないようですが実は大切な変更箇所なのです。
従来通り、遺言書に相続したと記載があるから、大丈夫だろうとうっかり見逃しているとせっかく相続した遺産の法定相続を超える分が他のひとに取られてしまう可能性があります。
そのため相続登記をおこない自身の財産であることをしっかりと主張しなければなりません。

 

しかしながら相続登記は相続方法によって必要な書類が異なります。
また、被相続人の生まれたときから亡くなるまでの連続した戸籍が必要であり、謄本を読み解くのも一苦労なんてこともあります。
更に付け加えると、相続人全員の印鑑証明書を集めたり、共同名義にした場合は全員の戸籍謄本や住民票が必要だったりと、やり方によって書類を集めねばなりません。
そうなると半ば途中で投げ出したくなって、いやになってしまう方も多いかもしれません。現代の日本では相続登記をしていないため、所在不明の土地が増えており問題になっています。
道路や線路を引きたいが所有権が誰なのか分からないので交渉ができない、というトラブルが今後増えてしまうかもしれません。

 

そんなことが起こらないためにも相続登記を早め早めにすることが大事になってきます。
とはいえ手続きに手間がかかるのは事実ですし、日々の生活が忙しい方にとってはなかなか時間が取れず後手後手にまわってしまうこともあるかもしれません。
そんな時には一度専門家に話を聞いてみることをおすすめします。
相続登記は、司法書士岡田事務所にお任せ下さい。当事務所に所属する司法書士は、相続や不動産登記に精通し、地域に密着したリーガル・サービスを提供しています。
事務所のある神戸市内や西宮市を中心に、芦屋市などの法律相談を承っております。神戸、西宮、芦屋での相続に関するお悩みは当事務所にお任せ下さい。

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 個人事業主のメリットとデ...

    事業を始めるにあたって、個人事業主という方法を選択する方は多くいらっしゃいます。この方法には、どのようなメリット・デメリ...

  • 法人成りのメリットとデメ...

    法人成りとは、今まで個人事業主として事業を営んでいた者が、株式会社や合同会社等を設立して、法人となって事業を行うことです...

  • 司法書士に相続登記を依頼...

    相続登記を司法書士に依頼せずに、本人が申請することは不可能ではありませんが、以下のような理由から、司法書士に依頼するのが...

  • 資本金の払込み

    株式会社を設立するにあたって、発起人は株式を引き受けた後、すみやかに(多くの場合では)金銭を払い込まなければなりません(...

  • 定款について

    会社を設立しようと考えたときに、最初にする手続きが「定款の作成」です。 定款は作成後、発起人(簡単にいえば、会...

  • 債務整理

    借金が増えすぎてしまった時の対処方法として、「債務整理」を行うことが考えられます。債務整理とは、借金の減額・重い利息負担...

  • 遺言書による不動産相続登...

    例えば、ある人が亡くなって、その人の遺言書によって、遺産たる不動産を遺贈された場合、これを承継して登記するまでには多数の...

  • 債務整理の流れ

    債務整理とは、既に自分が負担している債務について、相手方と相談するなどして、履行期を遅らせたり、債務の負担を軽減させるこ...

  • 株式会社設立の登記

    会社を設立するための最後の手続きが「設立登記」です。設立登記の申請についてはいくつか気をつけなければならないことがありま...

  • 抵当権変更・抹消登記

    相続に関係する抵当権変更・抹消登記とは以下の通りです。 まず、抵当権抹消登記について、これは、被相続人(=亡く...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ