078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

神戸市の相続登記は当事務所へお任せください!/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 不動産登記(相続) > 神戸市の相続登記は当事務所へお任せください!

神戸市の相続登記は当事務所へお任せください!

相続登記とは不動産を相続した際に亡くなった人(被相続人)の名義から自身の名義へと変更する手続きのことを指します。
相続登記はいつまでに登記をしなければいけない、というような期限が法律上定められていません。
また、申請に必要な書類を集めるのに手間がかかるのでなかなか重い腰をあげられないという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし相続登記をしないままでいるとさまざまな問題が発生する可能性があるのです。
今回はなぜ相続登記をした方がよいのかについて考えていきたいと思います。

 

【なぜ相続登記は必要なのか】

 

① 相続登記をしないと相続した不動産を処分できない…相続登記とは冒頭でお伝えしたとおり名義変更になります。
遺言書・法定相続・遺産分割協議のどれかで相続をすることになりますが、被相続人や相続人同士で決めたことがそのまま他者に対しても通じるというわけではないのです。
そのため当然、名義変更をしなければその不動産の所有者は被相続人のままです。
登記簿上は被相続人の所有のままになっているので、相続していたとしても名義が違えば当然売却など処分することができません。
② 相続登記を放置していると書類が手に入らなくなる…相続登記を怠って、長い期間が過ぎてしまうと被相続人の必要書類が入手できなくなる可能性があります。
手続きに必要な住民票の除票もしくは、戸籍の附票は最低保存期間が5年となります。
そのため、いざ相続登記をしようと考えたときにはすでに遅し。保存期間が過ぎて入手できなくなる可能性があるのです。そのため、登記は早めに対応したほうが良いと言えます。
③ 新たな相続争いの火種に…相続登記をしないまま、相続した人が亡くなった場合、相続人の数が登記した場合よりも増える可能性があります。
例えば被相続人に相続人A・B・Cと3人いるとします。その中で被相続人名義の不動産を引き継いだのは相続人Aです。
またA・B・Cにはそれぞれ配偶者と子供が2人ずついます。
相続人Aが相続登記の手続きをしないまま亡くなり、またB・Cも同じく亡くなったとします。
すると不動産は元々の被相続人名義なのでその孫である相続人A・B・Cの子供に相続権が移ります。
つまり相続登記をしていればAの配偶者と子ども2人、計3人の相続人であったはずが、相続登記をしないと6人に増えてしまうのです。
相続人が増えると必然的に争いが起こる可能性も高くなりますし、登記するための書類が増えることになります。

 

以上のように相続登記をおこなっていないとさまざまなデメリットが発生することになります。
しかしながら相続登記は集める書類が多かったり、戸籍謄本を読み解く時間が必要だったりと手続きに手間がかかり、食指が伸びない方もいるでしょう。
そんな時は専門家に相談してみると良いかもしれません。
相続登記は、司法書士岡田事務所にお任せ下さい。当事務所に所属する司法書士は、相続や不動産登記に精通し、地域に密着したリーガル・サービスを提供しています。
事務所のある神戸市内を中心に、西宮市、芦屋市の法律相談を承っております。神戸、西宮、芦屋での相続に関するお悩みは当事務所にお任せ下さい。

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 会社設立と個人事業主の違...

    起業しようと思い立った際に、どのような方法で実現すればよいのでしょうか。その方法は、「会社を設立する」「個人事業主となる...

  • 債務整理を司法書士に依頼...

    債務整理にも、任意整理や民事再生、自己破産など、様々な種類があり、債務者の方の状況に応じて適切なものは異なります。債務整...

  • 司法書士に相続登記を依頼...

    相続登記を司法書士に依頼せずに、本人が申請することは不可能ではありませんが、以下のような理由から、司法書士に依頼するのが...

  • 相続人の調査

    ある人が亡くなった場合、相続が開始されますが(民法882条)、このとき、誰が相続人となるのか、調査する必要があります。そ...

  • 相続登記に必要な書類

    まず、「相続登記」とは、厳密には、相続によって生じた所有権(ないし持分)移転登記のことを指します。 以下では、...

  • 会社設立にかかる費用

    会社の設立にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。 まずは、株式会社の設立について、手続きごとに分けて見ていき...

  • 会社設立後に必要な届出

    会社の設立は、設立の登記をすれば終わりというわけではありません。その後にもいくつかの届け出をする必要があります。&nbs...

  • 現地・物件の調査

    ある人が亡くなった場合、相続が開始されますが(民法882条)、このとき、どの財産(負債も含む)が遺産にあたるのか、調査す...

  • 不動産登記(相続登記)を...

    相続が発生し、遺産分割協議で被相続人の財産であった不動産を相続することとなった場合、不動産登記の名義を被相続人から自分に...

  • 合同会社に関する登記

    合同会社を設立しようと考えた際には、合同会社設立の登記をしなければなりません。 設立した後も、企業活動に伴って...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ