078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

不動産を生前贈与する際の注意点/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 不動産登記(相続) > 不動産を生前贈与する際の注意点

不動産を生前贈与する際の注意点

不動産を生前贈与すると、相続税よりも税率が高い、贈与税が課税されます。
ただし、贈与税の控除制度をうまく利用すれば、税負担が少ない生前贈与を行いながら、相続税の課税対象の相続財産を減らすことができます。
注意点は、贈与税以外にも「不動産を取得したことにかかる不動産取得税」や「名義変更の手続きをする時にかかる登録免許税」がかかることです。
仮に節税制度によって贈与税が減額されても、「不動産取得税」と「登録免許税」は課税されるので注意しましょう。

 

・暦年贈与を活用する場合
暦年贈与は、受け取る人が1月1日から12月31日までの1年間に受け取った財産の合計額が110万円を超えなかった場合、贈与税が発生しない制度です。
現金だけでなく不動産や車などを贈与する場合にも適用されます。
ただし、生前贈与の証拠が残っていないと、税務署に生前贈与を否認されて贈与額に対して相続税が課税されてしまう場合があるため、注意が必要です。
したがって、暦年贈与をした証拠を残しておくために、贈与の契約書を贈与の度に作成することが重要です。また、現金の手渡しでは贈与の記録が残りにくいため、銀行振込みなどで記録を残しておきましょう。

 

・相続時精算課税制度を活用する場合
相続税精算課税制度は、60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子または孫に対して財産を贈与した場合に、受け取った額の合計が2,500万円を超えるまで贈与税が非課税になる制度です。
ただし、この制度を利用しても相続発生時には生前贈与された財産にも相続税がかかるので、必ずしも相続税が減額されるわけではありません。
相続時精算課税制度を利用すると、生前贈与を受ける際のもう一方の納税方法である暦年課税が利用できなくなってしまうため注意が必要です。

 

ここからは、実際に土地や建物などの不動産を生前贈与する際の注意点をご紹介します。
生前贈与はあくまでも契約であって、口約束でも成立させることができます。 しかし、後にトラブルを招かないためにも、不動産贈与契約書を作成するのが望ましいといえます。

 

次に、有効な贈与とするためには、不動産の登記をする必要があります。不動産贈与契約書を用いた贈与契約が完了したら、法務局で不動産の名義変更申請を行います。

 

申請に必要となる書類は、
・生前贈与の対象となる不動産の権利証(登記識別情報)
・贈与する者の印鑑登録証明書(3カ月以内のもの)
・贈与を受ける者の住民票
・不動産贈与契約書(登記原因証明情報)
・固定資産評価証明書
・生前贈与の対象となる不動産の登記簿謄本
などが挙げられます。

 

書類作成量が多く、内容が難しい点もあるため、登記申請については司法書士などの専門家に相談するのも一つの方法です。

 

司法書士岡田事務所では、神戸市内、西宮市、芦屋市にて「相続」「生前贈与」などといった様々な不動産登記に関する業務を取り扱っております。お困りの際は、当事務所までお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 司法書士に相続登記を依頼...

    相続登記を司法書士に依頼せずに、本人が申請することは不可能ではありませんが、以下のような理由から、司法書士に依頼するのが...

  • 不動産売買による登記の種...

    不動産売買をした場合、必要になる登記の種類は所有権移転登記です。 この場合、売主と買主が共同して登記申請しなけ...

  • 会社設立後に必要な届出

    会社の設立は、設立の登記をすれば終わりというわけではありません。その後にもいくつかの届け出をする必要があります。&nbs...

  • 個人事業主のメリットとデ...

    事業を始めるにあたって、個人事業主という方法を選択する方は多くいらっしゃいます。この方法には、どのようなメリット・デメリ...

  • 不動産登記(売買)

    不動産の売買契約から登記の完了に至るまでの流れは、以下の通りです。●対象となる不動産をよく調査する不動産を購入する際は、...

  • 不動産登記(相続登記)を...

    相続が発生し、遺産分割協議で被相続人の財産であった不動産を相続することとなった場合、不動産登記の名義を被相続人から自分に...

  • 会社設立と個人事業主の違...

    起業しようと思い立った際に、どのような方法で実現すればよいのでしょうか。その方法は、「会社を設立する」「個人事業主となる...

  • 個人再生後はクレジットカ...

    個人再生は債務整理の方法の一つです。個人再生とは、自身の住宅などの財産を残したまま、借金を大幅に減額し、それを三年間で返...

  • 不動産登記申請書の作成

    不動産登記申請書には以下の事項を記載する必要があります。 ・「登記の目的」→いかなる登記を申請しているのか明示...

  • 家の取り壊し(建物滅失登...

    ■建物滅失登記とは建物滅失登記とは、建物の全部を取り壊したときや、建物が焼失したとき、登記簿に存在しない建物が記録されて...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ