078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

不動産売買による所有権移転登記/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 不動産登記(売買) > 不動産売買による所有権移転登記

不動産売買による所有権移転登記

不動産売買を行った場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。

 

この所有権移転登記をしなければならない理由は、第三者に所有権の帰属を対抗するためです。

 

すなわち、不動産の売買をした場合、売主・買主間では、登記なくして買主は売主に対して買主が所有権を有することを主張できますが、売主以外の第三者との関係では、登記なくして所有権の帰属を主張することができません(民法177条)。

 

この危険が現実となる事例が二重売買です。
すなわち、売主が買主に不動産を売却した後、未だ登記名義が自身に残存していることを奇貨として(=利用して)、第三者に当該不動産を売却した場合、買主がかかる第三者に所有権を主張するためには、登記が必要になり、これはかかる第三者に先立って備えている必要があります。
そのため、もし仮に、上記場合に、第三者に登記を先に備えられた場合には、買主は先に不動産を買い受けたはずなのに、かかる第三者に所有権を対抗できなくなります。すなわち、当該不動産を所有できなくなってしまいます。

 

したがって、このような事態を防ぐためにも、権利保全として、所有権移転登記手続を行う必要があるのです。

 

そして、売買による所有権移転登記手続には、以下の書類を提出することが必要になります。

 

・登記申請書
→移転登記の申請を行う書類です。これについて、権利者の欄には、買主について、住民票記載の通りの住所・氏名を記載する必要があります。同様に、義務者の欄にも、売主について、印鑑証明書記載の通りの住所・氏名を記載する必要があります。
なお、登記申請書の様式・記載例は法務局のホームページ上にあがっています(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html)ので、そちらが参考になります。

 

・登記原因証明情報
→ここでは、所有権移転の効果が生ずる日や、売主・買主の表示、不動産の表示が正確になされる必要があります。特に、売主・買主の表示は、上記登記申請書と同様の記載である必要があるし、不動産の表示も登記簿上の記載と同様にすべきことになっています。
そのため、単に売買契約書を添付するだけでは足りないことが多々あり、登記申請のために別途書類を作成しなければならないことが多いです。

 

・住所証明書
→買主の住民票謄本を添付します。

 

・印鑑証明書
→売主の印鑑証明書を添付します。これは、申請書作成の3か月前以内に発行されたものが有効とされています。

 

・登記済証
→売主が登記を受けた際の登記済証を添付します。

 

・代理権限証書
→登記申請を司法書士に依頼する場合には、委任状の添付が必要になります。

 


司法書士岡田事務所では、様々な不動産登記に関する業務を取り扱っております。神戸市、西宮市、芦屋市でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 合同会社に関する登記

    合同会社を設立しようと考えた際には、合同会社設立の登記をしなければなりません。 設立した後も、企業活動に伴って...

  • 遺言書による不動産相続登...

    例えば、ある人が亡くなって、その人の遺言書によって、遺産たる不動産を遺贈された場合、これを承継して登記するまでには多数の...

  • 不動産を売却した時の登記

    不動産売買をした場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。 この所有権移転登記をし...

  • 資本金の払込み

    株式会社を設立するにあたって、発起人は株式を引き受けた後、すみやかに(多くの場合では)金銭を払い込まなければなりません(...

  • 過払い金請求

    利息制限法という法律により、借りた金額によって金利の上限が定められています。過払い金とは、その上限を超えた金利を支払って...

  • 株式会社と合同会社の違い

    株式会社と合同会社にはいくつかの違いがあります。合同会社とは、平成17年制定の会社法によって導入された会社の形態で、株式...

  • 会社設立後に必要な届出

    会社の設立は、設立の登記をすれば終わりというわけではありません。その後にもいくつかの届け出をする必要があります。&nbs...

  • 民事再生(個人再生)とは

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを...

  • 不動産売買による登記の種...

    不動産売買をした場合、必要になる登記の種類は所有権移転登記です。 この場合、売主と買主が共同して登記申請しなけ...

  • 会社設立で用意すべき必要...

    会社を設立するにあたっては、とても多くの手続きを経る必要があります。例えば、会社設立登記の申請にはたくさんの書類が必要で...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ