078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

不動産登記(売買)/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 不動産登記(売買)

不動産登記(売買)に関する基礎知識や事例

不動産の売買契約から登記の完了に至るまでの流れは、以下の通りです。

●対象となる不動産をよく調査する
不動産を購入する際は、不動産業者の仲介を受けるという方が大多数でしょう。しかし、不動産という高価なものを購入する以上、自分たちで現地に行って実際に物件を見たり、環境を調べたりして、念入りな調査を行うことを忘れないで下さい。

●不動産売買契約を結ぶ
物件に問題がなければ、売主と売買契約を締結します。その際は、契約内容を明確にするため、契約書を作成するのが一般的です。そして、当事者が契約成立を互いに保証するため、署名・押印をします。

●手付金の受け渡しと必要な書類を取得する
買主は売買代金の一部として手付金を売主に支払います。不動産を購入する際は、金融機関などに住宅ローンを申し込むのが一般的です。融資条件を確認し、必要書類をそろえて申し込みましょう。

●不動産の引渡と登記を受ける
買主がローンの審査に通り、融資が実行されることが決まると、買主は残代金を支払い、同時に売買による所有権移転登記の申請に必要な書類のやりとりなどが行われます。その際、司法書士が立ち会い、買主・売主双方の書類をチェックします。

代金の引き替えに不動産の引渡を受け、売買契約に基づく所有権移転登記手続きを行えば、買主は確定的にその不動産の所有権を取得します。

司法書士岡田事務所は、今回ご紹介した内容も含めて、不動産登記(売買)に関するさまざまなご相談を承っています。

当事務所は、神戸市を中心に地域の皆様と共に歩み、お客様に満足して頂けるようなリーガル・サービスを提供しています。神戸市や西宮市、芦屋市内の、不動産登記(売買)でお困りの場合は、司法書士岡田事務所にお任せ下さい。

  • 不動産売買による所有権移転登記

    不動産売買を行った場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。 この所有権 […]

  • 根抵当権付き不動産の売却

    まず、根抵当権(民法398条の2)とは、債務の担保のために、不動産に設定される担保物権のことを言いますが、抵当 […]

  • 不動産を売却した時の登記

    不動産売買をした場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。 この所有権移 […]

  • 不動産を購入した時の登記

    不動産を購入した場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。 この所有権移 […]

  • 不動産売買による登記の種類

    不動産売買をした場合、必要になる登記の種類は所有権移転登記です。 この場合、売主と買主が共同して登記 […]

  • 不動産登記(売買)

    不動産の売買契約から登記の完了に至るまでの流れは、以下の通りです。●対象となる不動産をよく調査する不動産を購入 […]

  • 家の取り壊し(建物滅失登記)

    ■建物滅失登記とは建物滅失登記とは、建物の全部を取り壊したときや、建物が焼失したとき、登記簿に存在しない建物が […]

  • 建物表題変更登記とは

    ■建物表題登記とは建物表題登記とは、家を新築した際に1か月以内にしなくてはならない登記であり、これをすることに […]

  • 抵当権設定登記とは?手続きの流れや必要なケース

    ■抵当権とはそもそも抵当権とは、債権者が債権の担保として債務者又は第三者から占有を移さずして提供を受けた不動産 […]



司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の種類と作成方法

    一般的な遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。 ・自筆証書遺言自筆証書遺言と...

  • 不動産登記申請書の作成

    不動産登記申請書には以下の事項を記載する必要があります。 ・「登記の目的」→いかなる登記を申請しているのか明示...

  • 会社設立と個人事業主の違...

    起業しようと思い立った際に、どのような方法で実現すればよいのでしょうか。その方法は、「会社を設立する」「個人事業主となる...

  • 不動産登記(売買)

    不動産の売買契約から登記の完了に至るまでの流れは、以下の通りです。●対象となる不動産をよく調査する不動産を購入する際は、...

  • 司法書士に相続登記を依頼...

    相続登記を司法書士に依頼せずに、本人が申請することは不可能ではありませんが、以下のような理由から、司法書士に依頼するのが...

  • 家の取り壊し(建物滅失登...

    ■建物滅失登記とは建物滅失登記とは、建物の全部を取り壊したときや、建物が焼失したとき、登記簿に存在しない建物が記録されて...

  • 遺言書による不動産相続登...

    例えば、ある人が亡くなって、その人の遺言書によって、遺産たる不動産を遺贈された場合、これを承継して登記するまでには多数の...

  • 相続人の調査

    ある人が亡くなった場合、相続が開始されますが(民法882条)、このとき、誰が相続人となるのか、調査する必要があります。そ...

  • 相続による所有権移転登記

    被相続人(=亡くなった人)から不動産を相続した場合、相続登記をすべきである理由は以下の通りです。 まず、そもそ...

  • 抵当権設定登記とは?手続...

    ■抵当権とはそもそも抵当権とは、債権者が債権の担保として債務者又は第三者から占有を移さずして提供を受けた不動産などにつき...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ