078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

借金 理由/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 債務整理に関するキーワード > 借金 理由

借金 理由

  • 債務整理

    借金が増えすぎてしまった時の対処方法として、「債務整理」を行うことが考えられます。債務整理とは、借金の減額・重い利息負担からの解放を目的に、個人が抱える債務(=借金)を整理することをいいます。債務整理は借金を抱える全ての人に有効な手段となるので、借金問題でお困りなら債務整理を検討しましょう。債務整理の方法には「任...

  • 現地・物件の調査

    具体的には、被相続人(=亡くなった人)所有の不動産、被相続人名義の預金、有価証券、債務(借金)、現金などが代表的な遺産として挙げられます。 遺産の調査は、まず、そもそも相続をするのかどうかについて、判断するために必要になってきます。すなわち、被相続人が明らかな債務超過状態であった場合には、相続人としては、相続放棄...

  • 相続による所有権移転登記

    被相続人(=亡くなった人)から不動産を相続した場合、相続登記をすべきである理由は以下の通りです。 まず、そもそも登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録すること、またはその記録そのものを言います。 そして、登記は、不動産についての権利を第三者に対抗するために必要...

  • 司法書士に相続登記を依頼するメリット

    相続登記を司法書士に依頼せずに、本人が申請することは不可能ではありませんが、以下のような理由から、司法書士に依頼するのがよいと考えられます。 ・煩雑な手続から解放される→確かに、登記申請書の様式や記載例は法務局のホームページ上にあがっている(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/min...

  • 不動産を購入した時の登記

    この所有権移転登記をしなければならない理由は、第三者に所有権の帰属を対抗するためです。 すなわち、不動産の売買をした場合、売主・買主間では、登記なくして買主は売主に対して買主が所有権を有することを主張できますが、売主以外の第三者との関係では、登記なくして所有権の帰属を主張することができません(民法177条)。 

  • 不動産を売却した時の登記

    この所有権移転登記をしなければならない理由は、第三者に所有権の帰属を対抗するためです。 すなわち、不動産の売買をした場合、売主・買主間では、登記なくして買主は売主に対して買主が所有権を有することを主張できますが、売主以外の第三者との関係では、登記なくして所有権の帰属を主張することができません(民法177条)。 

  • 不動産売買による所有権移転登記

    この所有権移転登記をしなければならない理由は、第三者に所有権の帰属を対抗するためです。 すなわち、不動産の売買をした場合、売主・買主間では、登記なくして買主は売主に対して買主が所有権を有することを主張できますが、売主以外の第三者との関係では、登記なくして所有権の帰属を主張することができません(民法177条)。 

  • 債務整理の流れ

    弁護士や司法書士が事件を受任し、債権者に介入通知した後は、正当な理由なく弁済を要求することは禁止されています(貸金業法21条1項9号)。そして、弁護士や司法書士は、債務者に対する債権を正確に把握し、利息制限法に基づく引き直し計算をした後、弁済計画案を作成して、その計画案に対する債権者の同意を取り付ける努力をすると...

  • 任意整理とは

    また、弁護士や司法書士が事件を受任し、債権者に介入通知した後は、正当な理由なく弁済を要求することは禁止されています(貸金業法21条1項9号)。このようなことから、任意整理は、弁護士や司法書士に委任するのが一般的です。 司法書士岡田事務所は、債務整理全般の法律問題も取り扱っております。神戸市内、西宮市、芦屋市にお住...

  • 過払い金請求

    過払い金が発生していた理由の一つとして、利息制限法とは別で罰則を規定していた出資制限法という法律の利息の上限が、利息制限法の上限と異なっており、利率にも利息制限法には反するが出資制限法には反しない範囲があったということがあります。現在では出資制限法は改正されましたが、このようないわゆるグレーゾーン金利が、過払い金...

  • 株取引やFXの借金は債務整理できるか

    返済が困難となってしまった借金を整理する手段のことを「債務整理」といいます。債務整理にはいくつかの種類があり、代表的なものが自己破産になります。 自己破産というのは、裁判所に申立てを行い、自己破産が認められた場合に「免責」を受けられるという仕組みです。この免責を受けることができれば借金の返済義務がなくなり、実質的...

  • 個人再生すると車はどうなるか

    裁判所での審査を経て個人再生が認められると、すべての債務のうち一部を返済免除として貰うことができ、残った借金を3年間かけて分割で返済していくことになります。この手続きによって借金を大幅に減額することができるのです。 個人再生の大きなメリットとしては、家や車といった資産を手元に残すことができる可能性があるということ...

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 株式会社設立の登記

    会社を設立するための最後の手続きが「設立登記」です。設立登記の申請についてはいくつか気をつけなければならないことがありま...

  • 不動産売買による所有権移...

    不動産売買を行った場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。 この所有権移転登記を...

  • 会社設立にかかる費用

    会社の設立にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。 まずは、株式会社の設立について、手続きごとに分けて見ていき...

  • 個人再生すると車はどうな...

    個人再生とは債務整理の一手段として用いられます。個人再生を利用する際は裁判所に申立てを行う必要があります。 裁...

  • 任意整理とは

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との間での話し合いにより行われるものをいいます。任意整理は、民事...

  • 債務整理を司法書士に依頼...

    債務整理にも、任意整理や民事再生、自己破産など、様々な種類があり、債務者の方の状況に応じて適切なものは異なります。債務整...

  • 会社設立と個人事業主の違...

    起業しようと思い立った際に、どのような方法で実現すればよいのでしょうか。その方法は、「会社を設立する」「個人事業主となる...

  • 司法書士に相続登記を依頼...

    相続登記を司法書士に依頼せずに、本人が申請することは不可能ではありませんが、以下のような理由から、司法書士に依頼するのが...

  • 資本金の払込み

    株式会社を設立するにあたって、発起人は株式を引き受けた後、すみやかに(多くの場合では)金銭を払い込まなければなりません(...

  • 債務整理の流れ

    債務整理とは、既に自分が負担している債務について、相手方と相談するなどして、履行期を遅らせたり、債務の負担を軽減させるこ...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ