078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

企業 資金 いくら/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 会社設立・法人設立に関するキーワード > 企業 資金 いくら

企業 資金 いくら

  • 債務整理

    また、利用できる人は限られていますが、「住宅資金特別条項」付きの再生計画が認可されると、住宅ローンの支払が楽になり、自宅を売却しなくて済みます。個人再生を行うための条件には、「将来的に継続、反復的な収入があること」「借金の総額が5,000万円以下であること」などがあります。また、費用も高いので、個人再生の手続きを...

  • 遺産分割協議書の作成

    ③相続税が課税される場合に、誰がいくら負担するのかを決める資料になるといった点から、遺産分割協議書をつくることが望ましいです。 遺産分割協議書の書式についても特に制限はありませんが、以下の点には注意が必要です。まず、分割する遺産を特定する必要があります。その方法としては、例えば不動産であれば、登記の表示を書く、預...

  • 法人成りのメリットとデメリット

    資金調達が容易になる特に株式会社を設立する場合については、返済義務のない資金を集めることができます。 ■対外的信用の確保法人でないと取引してくれないような会社と取引することができるようになったり、人材の確保が容易になったりします。 ■節税面でのメリット所得の分散や、所得税と法人是の税率の差を利用した節税等が考え...

  • 株式会社と合同会社の違い

    名前の通り、株式会社には株式があり、株式を用いた資金調達が可能ですが、合同会社には株式がありません。 ■代表者株式会社の代表は、取締役や代表取締役となります。会社に関して所有と経営の分離がなされているため、社員がなるとはかぎりません、一方で、合同会社の代表は、代表社員となります。 ■決算公告株式会社については、決...

  • 合同会社に関する登記

    設立した後も、企業活動に伴って、様々な登記をする必要があります。どのような登記が存在するのでしょうか。以下で、いくつか紹介します。 ■設立の登記合同会社を設立するときに申請する登記です。会社の目的や商号、本店及び支店の所在地、資本金の額、業務を執行する社員の氏名、代表社員の氏名等の事項を記載します。 ■変更の登記...

  • 不動産を購入した時の登記

    しかし、二重売買が行われるような場合に、売主に潤沢な資金があることは通常想定されないので、結局、買主は債権回収も満足にできず、結果、買主は不動産の所有権も売買代金も両方失う危険があります。したがって、なおいっそうのこと、不動産を買い受けた場合には、速やかに移転登記手続を行うことが強く推奨されます。 司法書士岡田事...

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の種類と作成方法

    一般的な遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。 ・自筆証書遺言自筆証書遺言と...

  • 相続による所有権移転登記

    被相続人(=亡くなった人)から不動産を相続した場合、相続登記をすべきである理由は以下の通りです。 まず、そもそ...

  • 不動産を生前贈与する際の...

    不動産を生前贈与すると、相続税よりも税率が高い、贈与税が課税されます。ただし、贈与税の控除制度をうまく利用すれば、税負担...

  • 合同会社に関する登記

    合同会社を設立しようと考えた際には、合同会社設立の登記をしなければなりません。 設立した後も、企業活動に伴って...

  • 抵当権変更・抹消登記

    相続に関係する抵当権変更・抹消登記とは以下の通りです。 まず、抵当権抹消登記について、これは、被相続人(=亡く...

  • 定款について

    会社を設立しようと考えたときに、最初にする手続きが「定款の作成」です。 定款は作成後、発起人(簡単にいえば、会...

  • 任意整理とは

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との間での話し合いにより行われるものをいいます。任意整理は、民事...

  • 履歴事項全部証明書(商業...

    履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)とは、社名や本店所在地などが明記された登記簿のことで、商取引を円滑化するためのもので...

  • 過払い金請求

    利息制限法という法律により、借りた金額によって金利の上限が定められています。過払い金とは、その上限を超えた金利を支払って...

  • 不動産登記(相続)

    不動産の相続登記は、ある程度専門的な知識が必要で、ご自身だけで手続きを行うのは非常に大変です。なぜなら、相続開始から相続...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ