078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

建物滅失登記 相続人/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 不動産登記に関するキーワード > 建物滅失登記 相続人

建物滅失登記 相続人

  • 不動産登記(相続)

    この亡くなった方を法律用語で「被相続人」といい、被相続人から財産を受け継ぐ方を「相続人」といいます。②遺言書の有無の確認相続が開始したら、まず被相続人の遺言書があるかどうかを確認します。近年の法改正で、法務局での保管も利用できるようになったので(ただし、2020年7月10日から)、ご自宅だけでなく、お近くの法務局...

  • 遺言書による不動産相続登記

    このとき、遺言執行者(1006条以下参照)がいればその者と、同人がいなければ相続人と共に、所有権移転登記を共同申請します(共同申請主義、不動産登記法60条)。もっとも、①自筆証書遺言の場合で、遺言の有効性を疑う相続人がいるような場合には、相続人が所有権移転登記手続に協力しない場合も多々あるので、その場合には、当該...

  • 相続人の調査

    ある人が亡くなった場合、相続が開始されますが(民法882条)、このとき、誰が相続人となるのか、調査する必要があります。その調査方法としては、被相続人(=亡くなった人)の戸籍をもとに戸籍調査することによって、被相続人の親族を調査し、相続人を確定していきます。 ここで、そもそも親族の内、誰が相続人になるのかについては...

  • 現地・物件の調査

    具体的には、被相続人(=亡くなった人)所有の不動産、被相続人名義の預金、有価証券、債務(借金)、現金などが代表的な遺産として挙げられます。 遺産の調査は、まず、そもそも相続をするのかどうかについて、判断するために必要になってきます。すなわち、被相続人が明らかな債務超過状態であった場合には、相続人としては、相続放棄...

  • 遺産分割の方法

    まず、遺産分割協議(民法907条1項)とは、相続人が共有している遺産を、各相続人に具体的に分ける話し合いのことを言います。 そもそも、ある人(被相続人)が死亡した場合、相続が開始され(882条)、相続人は被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継することになります(896条本文)。ここで、相続人が複数いる場合には...

  • 遺産分割協議書の作成

    まず、遺産分割協議(民法907条1項)とは、相続人が共有している遺産を、各相続人に具体的に分ける話し合いのことを言います。 そもそも、ある人(被相続人)が死亡した場合、相続が開始され(882条)、相続人は被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継することになります(896条本文)。ここで、相続人が複数いる場合には...

  • 相続登記に必要な書類

    以下では、遺産分割協議によって、共同相続人のうちの1人が単独で不動産を相続する場合の、相続登記に必要な書類を概説します。 ・登記申請書→移転登記を申請する書類です。これについては、法務局のホームページ上に様式と記載例があげられている(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79...

  • 相続による所有権移転登記

    相続人(=亡くなった人)から不動産を相続した場合、相続登記をすべきである理由は以下の通りです。 まず、そもそも登記とは、不動産に関する権利の発生・変動・消滅を、国家が管理する不動産登記簿という帳簿に記録すること、またはその記録そのものを言います。 そして、登記は、不動産についての権利を第三者に対抗するために必要...

  • 抵当権変更・抹消登記

    まず、抵当権抹消登記について、これは、被相続人(=亡くなった人)の債務(住宅ローン等)の担保として、同人所有の不動産に抵当権が設定されている場合に、債務が既に完済されているのに、抵当権設定登記がまだ残っているときに行います。 一方、抵当権変更登記については、債務者の変更のために行われます。すなわち、まず、被相続人...

  • 神戸市の相続登記は当事務所へお任せください!

    相続登記とは不動産を相続した際に亡くなった人(被相続人)の名義から自身の名義へと変更する手続きのことを指します。相続登記はいつまでに登記をしなければいけない、というような期限が法律上定められていません。また、申請に必要な書類を集めるのに手間がかかるのでなかなか重い腰をあげられないという方もいらっしゃるかもしれませ...

  • 西宮市の不動産登記は経験豊富な専門家へご相談ください

    つまり、相続人が法定相続を超えた遺産を相続した際、相続登記をしていないとその不動産は差し押さえの対象になってしまう、ということです。今回の相続法改正は配偶者居住権や自筆証書関連の制度が目立っていて、相続登記の変更点についてはあまり言及されていないようですが実は大切な変更箇所なのです。従来通り、遺言書に相続したと記...

  • 知っておきたい配偶者居住権の注意点!登記や必要書類とは?

    こちらの制度を平たく説明すると、被相続人名義の自宅に、その配偶者が相続開始時(被相続人の死亡した次の日)に住んでいた場合、その建物にある一定の期間、もしくは亡くなるまでずっと無償で住み続けられる権利となります。なお配偶者居住権には短期と長期があります。 短期配偶者居住権は特に受けるための条件は決まっておらず、他の...

  • 遺言書の種類と作成方法

    相続開始後に紛失した場合でも、相続人が謄本の交付請求をすることができます。 ・秘密証書遺言秘密証書遺言とは、遺言者が自分で用意した遺言書を二人の証人と同行して公正役場に持ち込み、遺言書の存在を保証してもらえる形式です。手続きの際に公証人と証人に内容を公開する必要がないため、誰にも遺言の内容を知られたくない場合に有...

  • 不動産登記(相続登記)を自分で手続きするには

    相続が発生し、遺産分割協議で被相続人の財産であった不動産を相続することとなった場合、不動産登記の名義を被相続人から自分に移す必要があります。 相続登記は、登記を扱う専門家である司法書士に依頼すれば、手続きを楽に行うことができますが、自分で行うこともできます。 遺産分割協議の時点で、相続財産の不動産の登記事項証明書...

  • 相続登記で委任状が必要になるケースとは

    相続登記とは、相続した不動産の名義を被相続人から相続人へと変更することをいいます。そして、自分で相続登記をせず、他人に代理権を与えることで相続登記を代わりにしてもらう際には、相続登記についての委任状が必要となります。 ■相続登記の委任状が必要となるケース相続登記の委任状が必要となるのは、前述のように、他人に相続登...

  • 家の取り壊し(建物滅失登記)

    建物滅失登記とは建物滅失登記とは、建物の全部を取り壊したときや、建物が焼失したとき、登記簿に存在しない建物が記録されているときなどに必要となる登記の事をいいます。この登記は、該当する建物の所有者が、取り壊した日(焼失した日)から一か月以内に、登記申請しなければならないこととなっています。建物がなくなったのに忘れ...

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 家の取り壊し(建物滅失登...

    ■建物滅失登記とは建物滅失登記とは、建物の全部を取り壊したときや、建物が焼失したとき、登記簿に存在しない建物が記録されて...

  • 民事再生(個人再生)とは

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを...

  • 不動産を売却した時の登記

    不動産売買をした場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。 この所有権移転登記をし...

  • 債務整理を司法書士に依頼...

    債務整理にも、任意整理や民事再生、自己破産など、様々な種類があり、債務者の方の状況に応じて適切なものは異なります。債務整...

  • 会社設立で用意すべき必要...

    会社を設立するにあたっては、とても多くの手続きを経る必要があります。例えば、会社設立登記の申請にはたくさんの書類が必要で...

  • 司法書士に相続登記を依頼...

    相続登記を司法書士に依頼せずに、本人が申請することは不可能ではありませんが、以下のような理由から、司法書士に依頼するのが...

  • 法人成りのメリットとデメ...

    法人成りとは、今まで個人事業主として事業を営んでいた者が、株式会社や合同会社等を設立して、法人となって事業を行うことです...

  • 個人再生後はクレジットカ...

    個人再生は債務整理の方法の一つです。個人再生とは、自身の住宅などの財産を残したまま、借金を大幅に減額し、それを三年間で返...

  • 会社設立・法人設立

    司法書士岡田事務所は、会社設立・法人設立に関するご相談にも対応しています。一口に会社・法人を設立するといっても、法律に規...

  • 遺産分割の方法

    まず、遺産分割協議(民法907条1項)とは、相続人が共有している遺産を、各相続人に具体的に分ける話し合いのことを言います...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ