078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

住宅 名義 共有 デメリット/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 不動産登記に関するキーワード > 住宅 名義 共有 デメリット

住宅 名義 共有 デメリット

  • 不動産登記(売買)

    不動産を購入する際は、金融機関などに住宅ローンを申し込むのが一般的です。融資条件を確認し、必要書類をそろえて申し込みましょう。●不動産の引渡と登記を受ける買主がローンの審査に通り、融資が実行されることが決まると、買主は残代金を支払い、同時に売買による所有権移転登記の申請に必要な書類のやりとりなどが行われます。その...

  • 債務整理

    もっとも、その分、自分で手続きを進めていかなければならないため、手間と時間が掛かるというデメリットがあります。●「個人再生」個人再生とは、裁判所に申立て、返済額を大幅に減額してもらう方法です。任意整理や特定調停とは異なり、個人再生は裁判所の認可があると、元本を大幅に減額してもらえます。そして、原則3年間で完済でき...

  • 現地・物件の調査

    具体的には、被相続人(=亡くなった人)所有の不動産、被相続人名義の預金、有価証券、債務(借金)、現金などが代表的な遺産として挙げられます。 遺産の調査は、まず、そもそも相続をするのかどうかについて、判断するために必要になってきます。すなわち、被相続人が明らかな債務超過状態であった場合には、相続人としては、相続放棄...

  • 遺産分割の方法

    まず、遺産分割協議(民法907条1項)とは、相続人が共有している遺産を、各相続人に具体的に分ける話し合いのことを言います。 そもそも、ある人(被相続人)が死亡した場合、相続が開始され(882条)、相続人は被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継することになります(896条本文)。ここで、相続人が複数いる場合には...

  • 遺産分割協議書の作成

    まず、遺産分割協議(民法907条1項)とは、相続人が共有している遺産を、各相続人に具体的に分ける話し合いのことを言います。 そもそも、ある人(被相続人)が死亡した場合、相続が開始され(882条)、相続人は被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継することになります(896条本文)。ここで、相続人が複数いる場合には...

  • 相続登記に必要な書類

    司法書士岡田事務所では、「土地と建物で名義が違う場合の遺産相続」「建物登記の必要書類」「不動産共有することのメリット」などといった様々な不動産登記に関する業務を取り扱っております。神戸市、西宮市、芦屋市でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法...

  • 不動産登記申請書の作成

    司法書士岡田事務所では、「住宅名義共有にした場合のデメリット」「住宅名義と持分割合」「家屋の登記の変更」などといった様々な不動産登記に関する業務を取り扱っております。神戸市、西宮市、芦屋市でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させ...

  • 相続による所有権移転登記

    これを相続の場面に置き換えると、まず、共同相続によって遺産たる不動産が共有されている場合、各相続人らが持分を有していることについては、判例上、登記なくして第三者に対抗できるとされています(最判昭和38年2月22日民集17巻1号235頁)。他方、遺産分割協議によって、相続人のうちの1人の単独所有になった場合には、判...

  • 抵当権変更・抹消登記

    まず、抵当権抹消登記について、これは、被相続人(=亡くなった人)の債務(住宅ローン等)の担保として、同人所有の不動産に抵当権が設定されている場合に、債務が既に完済されているのに、抵当権設定登記がまだ残っているときに行います。 一方、抵当権変更登記については、債務者の変更のために行われます。すなわち、まず、被相続人...

  • 個人事業主のメリットとデメリット

    この方法には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 事業を始めるにあたって、個人事業主となるメリットは以下のようなものがあります。 ■事業を始める手続き個人事業主として事業を始めるためには、開業届を提出するだけでよく、手続きは簡単です。 ■青色申告のメリット個人事業主として、青色申告をすると、税制面...

  • 法人成りのメリットとデメリット

    もっとも、以下のようなデメリットもあります。 ■法人の方が法的な規制が多い例えば、株式会社においては「株主総会」を行いますが、株主総会の実施に関しても法的な規制が存在します。 ■会社設立を適法に行うための人員の確保が必要会社法における会社設立の要件を満たすためには、設立時役員を選任する必要があります。 ■意思決定...

  • 不動産売買による登記の種類

    司法書士岡田事務所では、「分筆登記にかかる費用」「不動産登記法について、規則・準則・改正・施行令等」「登記の名義変更・住所変更」などといった様々な不動産登記に関する業務を取り扱っております。神戸市、西宮市、芦屋市でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適...

  • 不動産を購入した時の登記

    すなわち、売主が買主に不動産を売却した後、未だ登記名義が自身に残存していることを奇貨として(=利用して)、第三者に当該不動産を売却した場合、買主がかかる第三者に所有権を主張するためには、登記が必要になり、これはかかる第三者に先立って備えている必要があります。そのため、もし仮に、上記場合に、第三者に登記を先に備えら...

  • 不動産を売却した時の登記

    すなわち、売主が買主に不動産を売却した後、未だ登記名義が自身に残存していることを奇貨として(=利用して)、第三者に当該不動産を売却した場合、買主がかかる第三者に所有権を主張するためには、登記が必要になり、これはかかる第三者に先立って備えている必要があります。そのため、もし仮に、上記場合に、第三者に登記を先に備えら...

  • 根抵当権付き不動産の売却

    したがって、根抵当権付きの不動産を売却することも法的には可能(有効)ではありますが、そもそも①根抵当権の負担のついた不動産を買い受ける者はなかなかいない②住宅ローンの契約上、根抵当権者たる銀行との間で、抵当不動産の譲渡禁止特約が付されることが多いため、根抵当権者に無断で譲渡すると、根抵当権者から損害賠償請求をされ...

  • 不動産売買による所有権移転登記

    すなわち、売主が買主に不動産を売却した後、未だ登記名義が自身に残存していることを奇貨として(=利用して)、第三者に当該不動産を売却した場合、買主がかかる第三者に所有権を主張するためには、登記が必要になり、これはかかる第三者に先立って備えている必要があります。そのため、もし仮に、上記場合に、第三者に登記を先に備えら...

  • 任意整理とは

    他方で、任意整理は手続が法定されていないことから、手続きの過程が不透明であるというデメリットもあります。 また、弁護士や司法書士が事件を受任し、債権者に介入通知した後は、正当な理由なく弁済を要求することは禁止されています(貸金業法21条1項9号)。このようなことから、任意整理は、弁護士や司法書士に委任するのが一般...

  • 個人再生すると車はどうなるか

    個人再生では、自分名義の車の価値は「清算価値」として計算されます。もし、個人再生手続を経て、その車の価値分の借金を返済することができるのであれば、手放す必要がなくなるのです。 ただし、所有している車にローンが残っているような場合には、「所有権留保特約」の条項に注意が必要です。契約しているローンにこの条項があると、...

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 会社設立にかかる費用

    会社の設立にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。 まずは、株式会社の設立について、手続きごとに分けて見ていき...

  • 法人成りのメリットとデメ...

    法人成りとは、今まで個人事業主として事業を営んでいた者が、株式会社や合同会社等を設立して、法人となって事業を行うことです...

  • 民事再生(個人再生)とは

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを...

  • 個人再生すると車はどうな...

    個人再生とは債務整理の一手段として用いられます。個人再生を利用する際は裁判所に申立てを行う必要があります。 裁...

  • 会社設立と個人事業主の違...

    起業しようと思い立った際に、どのような方法で実現すればよいのでしょうか。その方法は、「会社を設立する」「個人事業主となる...

  • 過払い金請求

    利息制限法という法律により、借りた金額によって金利の上限が定められています。過払い金とは、その上限を超えた金利を支払って...

  • 遺産分割協議書の作成

    まず、遺産分割協議(民法907条1項)とは、相続人が共有している遺産を、各相続人に具体的に分ける話し合いのことを言います...

  • 会社設立の流れ

    会社は、どのような流れで設立されるのでしょうか。 以下に、会社設立の流れを示します。(ここでは、「発起設立」と...

  • 会社設立後に必要な届出

    会社の設立は、設立の登記をすれば終わりというわけではありません。その後にもいくつかの届け出をする必要があります。&nbs...

  • 相続登記に必要な書類

    まず、「相続登記」とは、厳密には、相続によって生じた所有権(ないし持分)移転登記のことを指します。 以下では、...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ