078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

一戸建て 売却/司法書士岡田事務所

司法書士岡田事務所 > 不動産登記に関するキーワード > 一戸建て 売却

一戸建て 売却

  • 債務整理

    また、利用できる人は限られていますが、「住宅資金特別条項」付きの再生計画が認可されると、住宅ローンの支払が楽になり、自宅を売却しなくて済みます。個人再生を行うための条件には、「将来的に継続、反復的な収入があること」「借金の総額が5,000万円以下であること」などがあります。また、費用も高いので、個人再生の手続きを...

  • 遺産分割の方法

    ②換価分割とは、遺産を売却した上で、その代金を分けることです。例えば、土地を売却した上で、その代金を相続分にしたがって分けることがこれにあたります。③代償分割とは、現物を相続人の1人が全て相続する代わりに、他の相続人に対して、相続分に相当する金銭を支払うことをもって分けることです。例えば、土地を相続人の1人が全て...

  • 不動産を購入した時の登記

    すなわち、売主が買主に不動産を売却した後、未だ登記名義が自身に残存していることを奇貨として(=利用して)、第三者に当該不動産を売却した場合、買主がかかる第三者に所有権を主張するためには、登記が必要になり、これはかかる第三者に先立って備えている必要があります。そのため、もし仮に、上記場合に、第三者に登記を先に備えら...

  • 不動産を売却した時の登記

    すなわち、売主が買主に不動産を売却した後、未だ登記名義が自身に残存していることを奇貨として(=利用して)、第三者に当該不動産を売却した場合、買主がかかる第三者に所有権を主張するためには、登記が必要になり、これはかかる第三者に先立って備えている必要があります。そのため、もし仮に、上記場合に、第三者に登記を先に備えら...

  • 根抵当権付き不動産の売却

    そして、これは抵当権と同様ではありますが、根抵当権が設定された不動産が売却された場合、根抵当権の負担もそのまま買受人のもとへ移転します。すなわち、買受人は根抵当権の負担のある不動産を買い受けたことになります。これを法律用語では付従性と言います。 したがって、根抵当権付きの不動産を売却することも法的には可能(有効)...

  • 不動産売買による所有権移転登記

    すなわち、売主が買主に不動産を売却した後、未だ登記名義が自身に残存していることを奇貨として(=利用して)、第三者に当該不動産を売却した場合、買主がかかる第三者に所有権を主張するためには、登記が必要になり、これはかかる第三者に先立って備えている必要があります。そのため、もし仮に、上記場合に、第三者に登記を先に備えら...

  • 個人再生すると車はどうなるか

    契約しているローンにこの条項があると、ローンの返済が滞った際には車を売却し、売却価格をローンの残高に充てることになるからです。ローンの契約書にこの所有権留保特約がついていて、車検証の名義人もローン会社となっている場合には、個人再生手続を経ても愛車を手元に残すことができません。 個人再生手続で愛車を手元に残すことが...

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 債務整理の流れ

    債務整理とは、既に自分が負担している債務について、相手方と相談するなどして、履行期を遅らせたり、債務の負担を軽減させるこ...

  • 不動産を購入した時の登記

    不動産を購入した場合、当該不動産の所有権が買主に移転したことを登記する必要があります。 この所有権移転登記をし...

  • 会社設立と個人事業主の違...

    起業しようと思い立った際に、どのような方法で実現すればよいのでしょうか。その方法は、「会社を設立する」「個人事業主となる...

  • 個人事業主のメリットとデ...

    事業を始めるにあたって、個人事業主という方法を選択する方は多くいらっしゃいます。この方法には、どのようなメリット・デメリ...

  • 債務整理を司法書士に依頼...

    債務整理にも、任意整理や民事再生、自己破産など、様々な種類があり、債務者の方の状況に応じて適切なものは異なります。債務整...

  • 会社設立後に必要な届出

    会社の設立は、設立の登記をすれば終わりというわけではありません。その後にもいくつかの届け出をする必要があります。&nbs...

  • 定款について

    会社を設立しようと考えたときに、最初にする手続きが「定款の作成」です。 定款は作成後、発起人(簡単にいえば、会...

  • 現地・物件の調査

    ある人が亡くなった場合、相続が開始されますが(民法882条)、このとき、どの財産(負債も含む)が遺産にあたるのか、調査す...

  • 不動産売買による登記の種...

    不動産売買をした場合、必要になる登記の種類は所有権移転登記です。 この場合、売主と買主が共同して登記申請しなけ...

  • 抵当権変更・抹消登記

    相続に関係する抵当権変更・抹消登記とは以下の通りです。 まず、抵当権抹消登記について、これは、被相続人(=亡く...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ