078-351-0766
対応時間
平日10時~17時
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

相続・会社設立 に関するお悩みは ご相談ください

司法書士岡田事務所

OKADA JUDICIAL SCRIVENER OFFICE

相談料

法律の相談だけでなく、様々な悩みをトータルサポート致します。

相談料60分10,000円

  • ※ 相談後そのままご依頼される場合は、保守料の一部として組み込みいたします。
  • ※ 個人の方については、クレジットでのお支払いが可能です。
  • VISA/mastercard/AMERICAN EXPRESS
  • ※ 事務所対応のほか、ご自宅まで出張可能です。(出張は阪神間のみ、交通費は相談料に含みます。)

主な取扱業務

不動産登記(相続)

不動産登記(相続)

ご家族が亡くなり、土地や自宅などの不動産を相続した時は、不動産の名義を変更する必要があります。
相続登記手続きは、司法書士や弁護士などではなくても行うことができます。例えば、相続人の一人が他の相続人の代理人になって手続きを行っても、知り合いを代理人として登記申請することも構いません。
しかし、法律知識のない一般の方が登記申請を行うのは、なかなか大変です。特に、長い間相続登記を行わず、新たな相続が開始したりして相続関係が複雑になっている場合は、専門知識がないと太刀打ちできないでしょう。
相続登記の申請を行う際は、登記の専門家である司法書士に依頼しましょう。司法書士であれば、上記のような相続関係が複雑になっている場合でも迅速かつ適切に解決できます。
当事務所は、相続登記に関するご相談に対応しておりますので、相続登記でお困りの際は、司法書士岡田事務所にお問い合わせ下さい。

詳しく見る

会社設立・法人設立

会社設立・法人設立

昨今は空前の「起業ブーム」ですが、事業を行うためにはまず第一に「会社が法的に成立している」ことが必要です。
この「会社が法的に成立している」といえるためには、会社の設立手続きを行う必要があります。株式会社の場合であれば、事業内容や会社名などを決め、定款を作成し、公証人から認証を受け、出資金を払い込み、そして手続きの最終段階として、会社の設立登記を行うことになります。
会社の設立手続きは自分自身でも行うことができますが、法的知識が必要となる場面も少なくありません。初めて起業する方にとってはかなり苦労するでしょう。そのため、会社・法人の設立手続きは司法書士などの法律専門家に任せることをおすすめします。
司法書士岡田事務所は、神戸市や西宮市、芦屋市の、会社設立・法人設立に関するご相談にも対応しています。会社設立・法人設立でお困りの際は、ぜひ当事務所にお問い合わせください。

詳しく見る

不動産登記(売買)

不動産登記(売買)

マイホームに憧れ、土地や家を購入しようと考えている方も多いと思います。
司法書士として、いつもそのような方々にアドバイスすることは、「必ず購入した不動産の登記をして下さい!」です。
不動産の売買をめぐるトラブルは数多くあります。その中でも、「登記をしていれば避けられていたのに・・・」というトラブルは少なくありません。
言うまでもなく、家や土地などの不動産は数百万円から数千万円するものが多く、「人生で一番高い買い物」といわれています。不動産をめぐってトラブルが発生すると、日々の生活に大きな悪影響が生じます。
不動産を売買するときは、登記に注意するようにしましょう。司法書士岡田事務所は、不動産登記に関する関するご相談にも対応しています。不動産売買の登記は、当事務所にお任せ下さい。

詳しく見る

債務整理

債務整理

「借金が増えすぎて返済できない・・・」
「毎月返済しているのに元金が全然減らない」
「滞納が続いて、他の金融機関への借り換えを行う信用力がない」
などのお悩みはございませんか?
借金はしっかり完済できるよう計画的に行うべきですが、ついつい借りすぎてしまって、気がつけば年収以上の借金に膨らんでしまうこともあるでしょう。
返済ができないほど借金が増えてしまった場合、「債務整理」を検討してみましょう。債務整理を行うことで、返済額を減らすことができたり、支払期限を延ばしたりすることができます。
債務整理にはいくつか種類があり、どの方法があなたにとってベストなのかはケースバイケースです。そこで、まずは司法書士などの法律専門家へ相談することをおすすめいたします。
当事務所は神戸市、西宮市、芦屋市にお住まいの方を中心に、債務整理に関するご相談も承っております。お悩みの場合は司法書士岡田事務所にお任せください。

詳しく見る

司法書士岡田事務所が提供する基礎知識

  • 株式会社設立の登記

    会社を設立するための最後の手続きが「設立登記」です。設立登記の申請についてはいくつか気をつけなければならないことがありま...

  • 個人事業主のメリットとデ...

    事業を始めるにあたって、個人事業主という方法を選択する方は多くいらっしゃいます。この方法には、どのようなメリット・デメリ...

  • 現地・物件の調査

    ある人が亡くなった場合、相続が開始されますが(民法882条)、このとき、どの財産(負債も含む)が遺産にあたるのか、調査す...

  • 履歴事項全部証明書(商業...

    履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)とは、社名や本店所在地などが明記された登記簿のことで、商取引を円滑化するためのもので...

  • 資本金の払込み

    株式会社を設立するにあたって、発起人は株式を引き受けた後、すみやかに(多くの場合では)金銭を払い込まなければなりません(...

  • 債務整理の流れ

    債務整理とは、既に自分が負担している債務について、相手方と相談するなどして、履行期を遅らせたり、債務の負担を軽減させるこ...

  • 会社設立後に必要な届出

    会社の設立は、設立の登記をすれば終わりというわけではありません。その後にもいくつかの届け出をする必要があります。&nbs...

  • 定款について

    会社を設立しようと考えたときに、最初にする手続きが「定款の作成」です。 定款は作成後、発起人(簡単にいえば、会...

  • 不動産登記(売買)

    不動産の売買契約から登記の完了に至るまでの流れは、以下の通りです。●対象となる不動産をよく調査する不動産を購入する際は、...

  • 相続による所有権移転登記

    被相続人(=亡くなった人)から不動産を相続した場合、相続登記をすべきである理由は以下の通りです。 まず、そもそ...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

岡田司法書士の写真(1) 岡田司法書士の写真(2)
代表司法書士
岡田 英司(おかだ えいじ)
ご挨拶

クライアントの方とご家族の思いを大切にし「ご自身で決定すること」のお手伝いをします。

信頼できる他業種のパートナーとも連携しながらサポートを行うのでご安心ください。

ワンストップのサービスを提供いたします。

所属・著書・資格等

◆兵庫県司法書士会

会員番号:兵庫1542号

簡裁認定番号(司法書士法第3条第2項第2号<簡裁訴訟代理関係業務>の認定番号 第712183号)


◆日本司法書士会連合会

司法書士中央研修所 所員

司法書士って年間12時間の研修を受けるという努力義務があります。

その研修会の企画や運営の、お手伝いをさせていただいています。


◆兵庫県青年司法書士会

司法書士同士の横のつながりを広げていこうという主旨です。

兵庫県にのみならず全国の司法書士同士のつながりにも貢献しています。

事務所概要

名称 司法書士岡田事務所
代表者 岡田 英司
所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通四丁目1番11号
電話番号/FAX番号 TEL:078-351-0766 / FAX:078-371-5663
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝(予約があれば対応可能)
事務所外観

ページトップへ